【WordPress】目次の作り方とアイディア3選

目次の作り方とアイディア ブログ
この記事は約7分で読めます。

WordPressの目次の作り方と目次を入れるメリット、目次のおすすめアイディアを紹介します。

この記事はこんな人におすすめ↓

  • WordPressで目次を入れたい人
  • 目次で少し工夫してみたい人

まだWordPressでサイトを開設していないという方はこちら

筆者のプロフィール:テトラ

スポンサーリンク

WordPressの目次の作り方

最初にWordPressの目次の作り方を紹介していきます。

WordPressの目次の作り方:プラグインを使う

WordPressで目次を作るにはプラグインを使う方法が最も一般的で簡単です。

WordPressのプラグインの新規追加から目次を生成するプラグインを検索することで簡単にインストールすることができます。

【注意】プラグインは英語であることが多いので検索窓に「目次」と入力するのではなく英語「Table of Contents」と入力してください。

目次を作るプラグインで多く利用されているのが「Table of Contents Plus」と「Easy Table of Contents」の2種類です。

どちらも既存の記事、新しく書いた記事に目次を自動で生成してくれる非常に便利なプラグインです。

ここでは僕が愛用している「Table of Contents」の使い方を簡単に説明していきます。

プラグインをインストール、有効化をしたらWordPressの設定から「TOC+」を選択してください。

目次の設定

TOC+の基本設定で以下の画像の通りに設定し、更新するだけで設定は終了です。

tableofcontentsplusの設定

これだけの設定で既存の投稿記事、そしてこれから投稿するすべての記事に目次を表示することができます。

WordPressの目次の作り方:Cocoonの機能を使う

WordPressを始めた方は無料で利用可能な「Cocoon」というテーマを使っている方も多いのではないでしょうか。

無料でSEOにも強く、数多くの機能を兼ね備えている神テーマ「Cocoon」

そんな「Cocoon」ではもちろん目次を生成することだって出来ちゃいます。

以下の場所から目次の設定画面を開きます。

cocoon目次

そしたら以下の画像のようにチェックを付けて変更を保存をクリックすれば設定完了です。

大体はひとつ前のプラグインと項目が同じなのでわかりやすいかと思います。

他にもコードを直接打ち込む方法もあるのですが圧倒的に前者の2種類の方が便利なのでここでは割愛させていただきます。

WordPressで目次を作るメリット

Work Place

それではWordPressに目次を作ることでどのようなメリットがあるのか簡単に解説していきます。

WordPressで目次を作るメリット:内容を把握できる

まずはじめに記事の内容を簡単に把握できるというメリットがあります。

この記事はどのような内容なのか、自分の求める内容はあるのか、どれくらいのボリュームなのか、ページを開いてすぐに判断することができます。

これは記事を読む人にとって読みやすい良い記事となるのでユーザーの満足度も向上しますし、記事内の他のページを回遊してくれる確率も向上します。

しかし、ユーザーが知りたいと思った内容が目次に載っていなかったり、何が書いてあるのかよくわからないような目次にしてしまうとユーザーがすぐに離れてしまい良質な記事とは言えなくなってしまいます。

そのため、記事の内容に沿って適切なタイトル、見出しを付けていく必要があります。

WordPressで目次を作るメリット:読みたい箇所に移動できる

目次があると好きな見出しをクリックすることでユーザーが自分の求めている情報を瞬時に読むことができます。

もしあなたの書く記事が網羅的な内容でとても優秀な記事であったとしても、ユーザーの求めている情報はその中のほんの一部かもしれません。

もし目次がなければ自分の欲しい情報にたどり着く前にユーザーが離れてしまう可能性があります。

また、とても有益な内容の記事であった場合ブックマーク機能などを使い、何度もユーザーが訪れてくれるかもしれません。

そんな時に自分の見たい情報まで何回もスクロールするのは大変です。

WordPressで目次を作るメリット:SEOに有利に働く

WordPressで目次を作ることでSEOにも有利に働きます。

SEOの要素としてユーザーの満足度、つまりどれくらいの時間そのサイトに滞在していたかが関係してきます。

ユーザーが記事を開いたけどすぐに離脱してしまうと満足度が低い、質の悪い記事であると判断されてしまいます。

しかし目次を入れることで先に示した理由などでサイトの滞在時間を延ばす、つまりユーザーの満足度を向上させることができます。

それが結果としてSEOに有利に働くことになります。

WordPressの目次のおすすめアイディア3選

目次アイディア

ここからはただWordPressで目次を作るだけではなく、ちょっとした工夫のアイディアを3選ご紹介していきます。

WordPressの目次アイディア:目次をサイドバーに表示する

目次をサイドバーに表示することでユーザーが記事の途中であってもすぐに好きな箇所に飛ぶことができます。

読み進めている中であれ、なんだったっけと言う場面は文章が長い程起こりやすくなります。

そんな時にわざわざ何回もスクロールをせずにサイドバーに表示されている目次をクリックするだけで好きな箇所に飛ぶことができます。

設定は簡単で以下の画像の通りです。

目次サイドバー

外観のウィジェットを開いてTOC+をサイドバー、またはサイドバースクロール追従にドラッグするだけです。

サイドバースクロール追従にするとスクロールするとずっとついてくるようになります。

これにはデメリットもあり、サイドバーに広告やユーザーの求めているようなリンクを貼っていた場合にクリックされにくくなります。

また目次が長い場合は下の方が切れてしまいます。

そのためサイドバーかサイドバースクロール追従かは自分で検討してみてください。

おすすめとしてはサイドバーで人気記事などのウィジェットを追加した下の部分に目次を設置する方法です。

目次が常に表示されるわけではありませんがうまく調整すれば丁度ユーザーが戻りたくなるようなタイミングで表示させることができるかもしれません。

ただし、サイドバーですのでスマホで閲覧する分には関係ありません。

WordPressの目次アイディア:本文下に目次を設置する

本文下に目次を設置してみるのはどうでしょう。

ユーザーが最後まで記事を読んでくれた後にあの部分をもう一回読みたい、あのリンク先の記事も見てみたい、そう思ったときにスッと目次を提供するのです。

目次のタイトルも「もう一度読みたい」などに変更して。

もしかしたら記事の閲覧者が2週目に入ってくれるかもしれません。

必然的に滞在時間も長くなります。

記事が良質的なものであることが前提ですが、本文下の目次であればスマホからのユーザーにも表示されるのでユーザビリティ、記事の質の向上どちらにも繋がる可能性が高いです。

設置の仕方は簡単で外観のウィジェットからTOC+を投稿本文下にドラッグするだけです。

目次記事下

WordPressの目次アイディア:CSSでカスタマイズする

CSSとはCSS(Cascading Style Sheets)と呼ばれるwebページ就職をするための言語です。

このCSSを編集することで自分の好きなように目次のデザインを変更することができます。

TOC+を利用した状態でCSSを編集することができるのでぜひ試してみてください。

僕が参考にしているサイトを載せておきます。

Naifix

ただしCSSを編集することでwebサイト上になんらかの不具合が発生する可能性があります。

そうなってしまわないよう、コードを編集する前には必ずバックアップを取り、自己責任で行ってください。

まとめ:WordPressの目次は必ず作ろう

目次の有無はSEOの観点以上にユーザーにとって閲覧しやすい記事を提供することに役に立ちます。

今や目次がない記事はほとんどないくらい一般的なもので重要なものです。

導入手順はとっても簡単なので是非導入してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました